永康街 ライムの店

$台湾可愛ブログ PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵
永康街で気になっていたお店のひとつが「このライムの店」。金鶏園のある通りを奥に進む(師範大方向へ)と道を挟んで角にあります。
お店の看板がインパクト大なので、すぐ見つけれると思います。日本語で書かれた看板!
$台湾可愛ブログ PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵
夏かな?昨年の冬だったか?このお店気になる~~と思いつつ素通りしたのですが、やっぱり気になって入ってみました。オーガニックライムを使ったライム酢をあつかったお店で「加糖」「無糖」と販売もしていますし、ドリンクスタンドにもなってますので、このライム酢&ヤクルトとか、&お茶とか、、、ミックスしてカップでテイクアウトもできます。考えただけでも甘そうですが。
$台湾可愛ブログ PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵
$台湾可愛ブログ PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵
この店主さんブルースリーファン100%確定ですね。
$台湾可愛ブログ PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵
台湾の品種のライムは長細いですね。無農薬栽培を思わせる色んな色をした皮。試飲させて頂いて「無糖」を購入。お料理にも、ドリンクにもなるので。
台湾旅ごとにひと調味料を自分用のお土産にするのが楽しみなので、今回はこのライム酢を日本に持ち帰りました。
$台湾可愛ブログ PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵
新店と台北に2軒出店してるようです。箱にも入れてくれるので持ち帰りも安心です。

Truffle One 永康街

$台湾可愛ブログ PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵
$台湾可愛ブログ PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵
先日行った12月の台北の永康街で。ずっと行ってみたいお店を目指していたら目に飛び込んだトリュフチョコのお店。Openして間もないのかと思ったらもう6年も経っていました。何度この通りをとおったことか気が付かなかった。
せっかく見つけた記念にチョコリーを購入。台湾らしい「阿里山茶入り」「高梁酒入り」と「オーガニックチョコ」3つをセレクト。お味的には「オーガニック」と「高梁酒」が好きなおあじでした。
高梁酒は金門島が名産なんですって。一度行ってみたいと思っている憧れの金門島を想像しながら食べるも良し。
$台湾可愛ブログ PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵
$台湾可愛ブログ PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵
お店の方のお勧めチョコはというと「これも~これも」とほとんどだったのでしたhaha。それだけ自分お手製のチョコリーに愛がこもっているのかな。
トリュフチョコ以上に中は生チョコみたい。メニューにも日本式生チョコがあったので。
台北もジャン=ポール・エヴァンなどショコラティエやサダハルアオキなど日本でも馴染みあるパティスリーが増えてきていますが、こんな台湾製の手工チョコリーを台湾の旅の思い出に自分用に(日本に持って帰るなら冬限定ですが)なんてのも素敵かと思います。
10個から箱があるみたいですし、小分けにも包んでくれます。ホテルに帰ったら冷蔵庫で日本でも冷蔵庫で10日間くらいがベストみたいです。
$台湾可愛ブログ PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵
帰国後、長年愛用の台湾のお茶杯に、猫空から持ち帰った木柵鉄観音茶を熱く淹れてお茶タイム。
$台湾可愛ブログ PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵

次回行こう!と予定のお店

photo:01



永康街の53之1のこのお店。今年の年末に前を通りかがり、次の台湾の旅で行くつもりが、今日のいままで忘れてました(笑)
携帯の写真データに貯めてて忘れてる、「行く予定の台湾お店ネタ。」
こうしてブログにたまにupしないと本当忘れてしまいます。
昭和の懐かしいさ漂う、台北のお茶屋さんでした。
iPhoneからの投稿