端午節の粽レッスンと台湾豆乳作り

20150428-070519.jpg
今年の端午節”(6月22日端午節)はお手製の粽を食べたくなり、1日限定の「台湾粽レッスン」を開講します。

20150428-070838.jpg

20150428-070850.jpg
お教えするのは「台湾南部の肉粽」。台湾好きな方なら、台湾旅中に店頭に粽がぶら下がっている光景を目にした事があると思います。

そして、台湾の朝ご飯「豆漿」も䶢豆漿と甜豆漿を国産の美味しい大豆を使ってレッスン致します。

20150428-071156.jpg

20150428-071207.jpg
あと蛋餅と野菜のミニおかずが付いた、台湾好きさんにとてもおすすめなレッスンです。

20150428-071601.jpg
6月6日11時30分1日限定レッスンです。現在MAX9名様満席ですが、キャンセル待ち募集しております。宜しくお願い致します。pandakitchenのHPよりご予約お待ちしております。

豊味果品

20150319-101504.jpg
毎朝ビタミンチャージで飲んでるローズヒップとハイビスカスのお茶。今朝はコンフィチュールを食べながらいただきました。

このコンフィチュールは台北の迪化街にある「豊味果品」の物。

20150319-102426.jpg

秋にお店に行ったら、ひょうたん型した文旦があり、農家さんから仕入れたばかりの文旦で作ったコンフィチュールお店で瓶詰めしていました。味見させてもらって一瓶買ってた事を思いだしました〜。

20150319-102759.jpg
粒や繊維たっぷりな仕上がり。麦芽糖と冰糖を使用してるので、コクがある甘さです。

(よく台北の百○園さんのジャムが紹介される事が多いですが、私には甘く感じて、このお店くらいの甘さくらいが嬉しいな。白いお砂糖で作ってない所がまたうれしい)

20150319-103502.jpg
このお店の果物は産地や生産者の顔が分かるので安心。地味目なおじさんが多分オーナーさんだと思うのですが、フルーツやコンフィチュールなど気になる物の質問をすると、色々と切り分けて味見させてくれました。

20150319-104116.jpg
壁に描かれた絵がまた良いでしょ〜。この絵を背に年を忘れ自撮りしてしまいました。

20150319-104243.jpg
暑い日だったから、クールオフと日焼けした肌のためにアボカドミルク。私が作るアボカドミルクより更に甘さ控えでした。

20150319-104422.jpg

20150319-104442.jpg
昔は近くの港が栄えていて、迪化街もいま以上に繁盛していたのでしょうね〜。この旅はとても興味がある西門や大稲㘿エリアの昔の街並みの写真をたくさんと目にする機会が多く、幸せでした。

20150319-105051.jpg
四合院建築の建物にはカフェがもう一軒。お隣は可愛い「䶢花生」です。

20150319-105420.jpg
コンフィチュールになった後の文旦の皮。ドライフルーツになるのかな。

20150319-105504.jpg
平日の夕刻にのんびりしたいカフェです。気持ち良い時間を過ごせ、隣のカフェに寄ったら台湾の大女優さんと遭遇しました〜台湾や香港の映画を昔から観てる方なら絶対興奮しちゃう女優さんでした。

台湾調理道具

20150126-114311.jpg

木の麺棒や、スプーン、お箸、まな板は台北で見つけました。

中央が膨らんでる綿棒をまだ持っていなかったので迪化街の生活用品店で。2月に少しだけまとめてレッスンのお休みを取ってあるので、粉物を集中して色々作ってみる予定です。だから道具をパワーアップさせておきたかったのです。

20150126-115021.jpg

麺棒籠に色々な麺棒。

20150126-115555.jpg

レッスンで使用するお箸は帆布カバンで人気の「蘑菇boody」の物。シンプルなお箸にお店のマークの焼き印がちょこっと可愛くって10セット購入しました。

20150126-120251.jpg

木のスプーンもレッスン用に10本。素朴過ぎてこれはかなり迷いましたが、きっと器と合わせるとこれ位、素朴な方が良いはずと期待を込めて購入。器と合わせたらやっぱり可愛いかったですよ。

20150126-120628.jpg
台湾製の雑貨や家庭用品は、完成され過ぎてなくてっ、味わいのある物が多いです。そこに惹かれます。

20150126-214447.jpg

鳥柄の蓋碗

20141204-084909.jpg

台北の茶館で購入した蓋碗。鳥の絵柄が好きなんです。

茶器はリアルに筆入れされた絵柄が多いように思いますが、この蓋碗の様な素朴な絵柄になかなか出会えていなかったので、即購入しました。

20141204-085501.jpg

お店の方がいうには、保温力があるので茶葉が開きやすく美味しいお茶が淹れれるので、お店でもこの蓋碗を使ってる様です。中国大陸の物でした。

20141204-085839.jpg
この蓋碗なら、おばあちゃんの家に残ってた昭和なお猪口を茶器代わりにして飲んだら素敵だな〜っとひらめきました。京都で古道具屋さんでみつけたあのお猪口も〜なんて広がりました。

台湾コースター

20140318-163506.jpg

いまお部屋の大掃除中で、出てきたのがこのコースター。

誰かのお土産にと買ったものの、プレゼントしないままになっていました。

台湾の学習帳みたいなデザインのコースター。台湾鉄道のお土産売店で売っていました。

20140318-163951.jpg

台湾の永楽市場の二階で買った、チェックのナイロンクロスに、大好きなおやつ胚芽スティックでお茶休憩。
休息一下。

懐かしい、昭和のお茶タイムみたい笑

春水堂

20140131-135355.jpg

台北松山空港には出国ゲート前にスタバと、代官山にも出店してる「春水堂」がありますから、台北滞在の旅の最後の一杯を飲む方も多いと思います。

寒い時には(台北の冬はそれなりに寒いので)ホットのタピオカミルクティーにしましたが、一番良く飲むのがホットジャスミンタピオカティー。

温かい方がタピオカがやわらくって好きなんです。

オーダーして待っていたら、最近はレジ周りにオリジナルグッズなども売り出してるのですね。

不思議キャラのマスキングテープを
お土産に購入してみました。

8%ice

写真 (856)

永康街にできたアイスクリーム専門店「8%ice」。4F Cookingschoolが経営しているので素材もこだわってそうですよ。

脂肪分少な目のイタリアンジェラートタイプ。私は写真の「熱帯水果」と「紅茶18号」を食べました。熱帯水果はパイナップル、マンゴー、パッションフルーツのトロピカルフルーツのフレーバー。イタリアンジェラートの口当たりでトロピカルフルーツの香りって不思議に美味しかったです。

写真 (859)

わたしは甘過ぎるアイスクリームは1個食べきれないのですが、ここのお店の甘さなら完食できます。

京都の一舗堂さんのお抹茶を使った抹茶のソフトクリームもいまとても人気そうです!

次ぎ再訪したら食べたいのは「バナナとナッツ」のアイスかな。2階のロフト席もあって永康街散策中に疲れたら休憩に最適、Wifiが使えたら尚、最高なのですが。

写真 (863)写真 (865)

写真 (866)写真 (861)

写真 (860) 写真 (857) 台北市永康街13巷6號 12:00-22:00

誠品生活Songyan店

写真 (883)

elite 誠品生活松菸店(Songyan)が新しくできましたね。場所は球体型したデパート京華城の直ぐ近く。eliteの入り口から京華城が道を挟んで見えます。近くの倉庫もこれからアートスペースかお買い物エリアになりそうで楽しみです。

elite 誠品生活Songyan店は書籍の販売スペースは小さめで、生活雑貨や、洋服等の売り場が広くとられいます。だから観光者にはこちらの誠品のショップの方が楽しめそうです。

台湾の茶芸館や茶館の出店がされていて(回留、有記名茶、京盛宇等)旅のスケジュールで市内のお茶屋さんをまわる時間がない時は、この1店で助かります。昔台湾を旅した時によく行った「回留」。なかなか永康街に行っても立ち寄らなくなっていましたが、こうしてテナントで入っていると訪れやすく、素敵な茶杯に出会って購入してしまいました。手描きの可愛い茶杯からシックは物までありましたよ。

写真 (888)

今回は淡いピンクの可愛い手描きのお花柄の茶杯にしました。1個づつ柄が違っていてわたしは蝶々が飛んでいる2つを選びました。飲み口が薄くてお茶が美味しく飲めそうです。

 

VVGや春水堂にあの有名なパン屋さんまで台湾のガイドブックに載っていそうなお店が出店していますし。誠品と言えば書籍以外では、素敵セレクトのこだわり食材&調味料のコーナーも充実していますから「台北のおしゃれなお土産屋さん」として旅行者にはお役立ちの店舗になると思います。

閉店が22時だったのであまり見れませんでしたが、次回台北の際にはのんびりとお買い物に行きたいです。

写真 (884) 写真 (886)

写真 (887) 写真 (885)

 

 

台北市信義區菸廠路88號(MRT市政府出口1)

台湾で乾物を買うとき

DSCN0897

乾物を買うときは>>

重さ>台湾は1斤(イージン)=600g(南の中華圏では1斤600gですが北京等北の方では1斤500gです)だから、「300gで良いとき等は半斤(バンジン)」と言えば少し重めのドライフルーツ、干し海老等は丁度良いくらいの分量になります。

軽いもの>はあまり重いgを言うと大変な量になりますから注意です。例えば干し椎茸や、木耳、お茶等。そんなときは「公克ゴンカ」を使ってみて下さい。100g=100公克(イーバイゴンカ)、200g=200公克(リャンバイゴンカ)、300g=半斤、400g=400公克(スーバイゴンカ)、500g=500公克(ウーバイゴンカ)、600g=1斤

買った乾物は>>

ドライフルーツや棗など糖度の高いものは夏場等は冷蔵庫へ。干し海老やホタテなどは冷凍や冷蔵庫へ。ナッツ類も劣化させたくなかったら(直ぐ食べるもの以外は)私は冷蔵庫に入れています。

DSCN0898

乾物にも季節を感じるものが>>晩秋から冬場(特に旧正月前)に乾物街を歩いてまわると楽しいです。お正月料理に食べられる冬場にしかない乾物が多く並んでいます。例えば髪菜や牡蠣の乾物等。秋に旅したときには私は「ライチの乾物」を買います。春夏場にはないのです。龍眼も同じ時期にあと干し柿も出回ります。台湾の干し柿はペッタンこにつぶれた形をしていてかわいいですよ。

夏場なら私は苦茶や菊花茶を買います。熱を冷ましてくれる清熱効果のある食材を見つけてみて下さい。

IMG_2978

IMG_2994

 

 

Truffle One 永康街

$台湾可愛ブログ PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵
$台湾可愛ブログ PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵
先日行った12月の台北の永康街で。ずっと行ってみたいお店を目指していたら目に飛び込んだトリュフチョコのお店。Openして間もないのかと思ったらもう6年も経っていました。何度この通りをとおったことか気が付かなかった。
せっかく見つけた記念にチョコリーを購入。台湾らしい「阿里山茶入り」「高梁酒入り」と「オーガニックチョコ」3つをセレクト。お味的には「オーガニック」と「高梁酒」が好きなおあじでした。
高梁酒は金門島が名産なんですって。一度行ってみたいと思っている憧れの金門島を想像しながら食べるも良し。
$台湾可愛ブログ PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵
$台湾可愛ブログ PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵
お店の方のお勧めチョコはというと「これも~これも」とほとんどだったのでしたhaha。それだけ自分お手製のチョコリーに愛がこもっているのかな。
トリュフチョコ以上に中は生チョコみたい。メニューにも日本式生チョコがあったので。
台北もジャン=ポール・エヴァンなどショコラティエやサダハルアオキなど日本でも馴染みあるパティスリーが増えてきていますが、こんな台湾製の手工チョコリーを台湾の旅の思い出に自分用に(日本に持って帰るなら冬限定ですが)なんてのも素敵かと思います。
10個から箱があるみたいですし、小分けにも包んでくれます。ホテルに帰ったら冷蔵庫で日本でも冷蔵庫で10日間くらいがベストみたいです。
$台湾可愛ブログ PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵
帰国後、長年愛用の台湾のお茶杯に、猫空から持ち帰った木柵鉄観音茶を熱く淹れてお茶タイム。
$台湾可愛ブログ PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵