台湾調理道具

20150126-114311.jpg

木の麺棒や、スプーン、お箸、まな板は台北で見つけました。

中央が膨らんでる綿棒をまだ持っていなかったので迪化街の生活用品店で。2月に少しだけまとめてレッスンのお休みを取ってあるので、粉物を集中して色々作ってみる予定です。だから道具をパワーアップさせておきたかったのです。

20150126-115021.jpg

麺棒籠に色々な麺棒。

20150126-115555.jpg

レッスンで使用するお箸は帆布カバンで人気の「蘑菇boody」の物。シンプルなお箸にお店のマークの焼き印がちょこっと可愛くって10セット購入しました。

20150126-120251.jpg

木のスプーンもレッスン用に10本。素朴過ぎてこれはかなり迷いましたが、きっと器と合わせるとこれ位、素朴な方が良いはずと期待を込めて購入。器と合わせたらやっぱり可愛いかったですよ。

20150126-120628.jpg
台湾製の雑貨や家庭用品は、完成され過ぎてなくてっ、味わいのある物が多いです。そこに惹かれます。

20150126-214447.jpg

台南のお茶缶

20141219-111400.jpg
何年か前に台南を旅した時に、お宿の本棚に「台湾の職人さんの手仕事」を集めた案内本がありました。

その本に雨どいなのか?煙突なのかつくる職人の小さな工場が紹介されていて、早速買いに行ったのですが、あいにく完売していて〜。

でもその後、残念がってた私を見てた旅仲間さんが、数ヶ月後にお土産でプレゼントしてくれたのです。

いや〜嬉しかった。

シンプルで素朴なお茶缶。あんまりしっかり完璧に完成されたお茶缶より、味があって気に入ってます。

特に写真の大きい方は、毎日飲むルイボスティーの大きめの袋が入り助かってます。

更に大きいサイズもあるので、また台南を訪れた際は欲しくなってしまうかも。出汁昆布入れにしょうかな。

20141219-112803.jpg

また大、小もう一缶づつ買い足してスッキリ揃えたくもなって来ました。台湾の職人さん巡りいつかしたいな。

台湾の器

20140818-191402.jpg

台湾らしい、ちょっと垢抜けない昔の器。誠品書店の調味料屋さんで見つけました。

20140818-192656.jpg

台湾茶を飲む時に、お茶菓子入れたら可愛いかな〜なんて。
厚みがあり和食器としても使えそう。台湾らしい食器はなかなか見つからないので、見つけたら購入するようにしています。