台湾ご飯と台湾食器で

20150307-225346.jpg
数日前、買い物に行きたくないので、ある物で作った晩飯ワンファン。中華おかずと白飯バイファン。最高〜。

最近韓国ドラマにはまり過ぎて、台湾Blogご無沙汰してました。

今晩たまたまTVをつけたら「世界ふしぎ発見」が台湾でしたね〜。(台湾好きにはクイズ簡単過ぎです。もちろん全問正解。旅の案内人カトリーヌさんが台湾の街に馴染んでました。大和田獏の台湾鉄道旅以来の好印象でした)

台湾ブログを思い出し久しぶりに〜書いてみます。

20150307-230628.jpg
この海老炒め作ると、10年以上前にホームステイした先の晩飯を思い出します。甘辛さがおつまみにも、ご飯にも合います。

20150307-230933.jpg
PANDKITCHENのレッスンでもお教えした、手作り「酸豆」の炒め物。私のすごくお気に入りなおかず。シャキシャキ豆がたまりません。

20150307-231213.jpg
この日はちょっとだけ「回鍋肉」な炒めもの。

お疲れな日に、こんな冷蔵庫のあり合わせで作るクイックご飯も、台湾のお皿に盛り付ければ、テーブルが楽しくなります。

(台湾の媽媽みたいにテーブルいっぱいにお料理並べたかったのですが、この日は本当お疲れでした〜)

この写真の「春」マークのお茶碗は「Fujintree」で購入できます。このお店日本の物ばかりだけど、少しだけメイドインタイワンな物が売っています。お買い物すると原住民族のチロリアンリボンを結んでもらえますし。併設してるカフェレストランでは台湾料理が食べれます。(あとおしゃれマッサージ屋さんまで系列店があります笑)

20150307-232220.jpg

20150307-232505.jpg

20150307-232708.jpg

台湾 大同炊飯ジャー

PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵のブログ

かなり使い込んでます。愛しのハート*オレンジ大同炊飯ジャー。この他に赤の10~12?人分はいけそうな

大きなものを蒸篭とセットで、2~3人分の小さな赤いものと3つ。

でもこの初めて買った緑の大同炊飯ジャーが一番のお気に入りです。

 

台湾の電圧と日本の電圧110V日本の電圧とほぼ同じでプラグも同じだから電化製品は

ほぼ使えます。だから台湾旅は楽なのです。

 

この炊飯ジャーの使い方>>内釜が蓋付きであります。そこへ洗米したご飯と分量の

お水を入れて蓋して電鍋へ。まわりにお水を張ってスイッチON(下に)して下さい。

炊き上がったら旧式だと上に黒いスイッチがあがります。できあがり。

 

台湾ではお水を入れて、蒸し器台になる器具を入れ、温めたいおかずをおけばレンジ代わりに。

もちろん蒸篭をのせれば蒸し物も。保温鍋としても(コンビニではよく茶葉蛋をこの炊飯ジャーで

煮てます)。

 

モダンすぎる日本の炊飯器のデザインがいまひとつ気に入らない方は、この炊飯器おススメです。
PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵のブログ

前回の台湾ではショッキングピンクにパープルとかなりカラフルな限定カラーが。

わたし右上のグリーンアップル色にひかれてもうすぐで連れて帰るとこでした(笑)

この前の限定カラーの黄色も可愛かった。キキララやKittyちゃんもあります。

きっとミニミニ大同炊飯ジャーならお土産に喜ばれます。小物入れにしても良し。

オルゴールミニミニ大同もありますよ。
PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵のブログ