台湾 大同炊飯ジャー

PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵のブログ

かなり使い込んでます。愛しのハート*オレンジ大同炊飯ジャー。この他に赤の10~12?人分はいけそうな

大きなものを蒸篭とセットで、2~3人分の小さな赤いものと3つ。

でもこの初めて買った緑の大同炊飯ジャーが一番のお気に入りです。

 

台湾の電圧と日本の電圧110V日本の電圧とほぼ同じでプラグも同じだから電化製品は

ほぼ使えます。だから台湾旅は楽なのです。

 

この炊飯ジャーの使い方>>内釜が蓋付きであります。そこへ洗米したご飯と分量の

お水を入れて蓋して電鍋へ。まわりにお水を張ってスイッチON(下に)して下さい。

炊き上がったら旧式だと上に黒いスイッチがあがります。できあがり。

 

台湾ではお水を入れて、蒸し器台になる器具を入れ、温めたいおかずをおけばレンジ代わりに。

もちろん蒸篭をのせれば蒸し物も。保温鍋としても(コンビニではよく茶葉蛋をこの炊飯ジャーで

煮てます)。

 

モダンすぎる日本の炊飯器のデザインがいまひとつ気に入らない方は、この炊飯器おススメです。
PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵のブログ

前回の台湾ではショッキングピンクにパープルとかなりカラフルな限定カラーが。

わたし右上のグリーンアップル色にひかれてもうすぐで連れて帰るとこでした(笑)

この前の限定カラーの黄色も可愛かった。キキララやKittyちゃんもあります。

きっとミニミニ大同炊飯ジャーならお土産に喜ばれます。小物入れにしても良し。

オルゴールミニミニ大同もありますよ。
PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵のブログ

台北の本屋さんのフリーペーパー


PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵のブログ

前回の台北の旅で本屋さんに置いてあったフリーペーパー。旧正月の家族団らんかな?「みんなで一緒に集まってHappyスマイル」。一家団欒の温かい絵ですね。あんまり可愛かったので私のお部屋に貼ってあります。


再生紙のフリーペーパーが多いですが、再生紙だから味があるというか。台湾を旅すると可愛いフリーペーパーやパンフレットをついつい持ち帰り増えるばかりです。


PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵のブログ  PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵のブログ

通化夜市でカゴバッグ

昨年の夏、旅の最終日。雨あがりの台北の夜。通化夜市へ美味しい腸詰を食べに。
この旅のしめのご飯。夜23時前までカフェでPCしていたらこんな時間。
でも夜市に行ったらまだ賑わっていて、ご飯の後は生活雑貨店へ。このカゴと
お土産のカゴを購入。スーツケースからあふれた荷物はこのカゴへ。
早朝便のエバーだったけど、ホテルへ帰ってひとまず寝てしまったわたし。

荷造りのため早起きしすぎて松山空港で時間が余ってしまった。
何気にカゴにつけたリボンのヘアアクセ&Kitsonで買った夏のストールが
とても可愛いく見えました。

大同お子様ランチ

PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵のブログ

昨晩はお買い物に出なかったので、冷蔵庫とご相談のメニュー。なんだかお子様メニューになったので、台湾の炊飯ジャー大同のお土産用ミニ炊飯器にご飯を盛ってお子様ランチ風に。シンガポールのチャイナタウンで見つけたホーロープレートにのせればキッチュなお子様ランチが完成です。

PANDAKITCHEN 料理研究家 外処佳絵のブログ

頂いた新玉葱でスープを作りました。あめ色に炒めたオニオンスープだと油を多く使ってしまうし、新玉葱の良さが出ない気がしてハート<簡単な作り方>ハート新玉葱1個を繊維に逆らって千切り。かぶるくらいのお水を入れて蓋シテコトコトやわらかくなるまで煮込みます。玉葱の甘味がでとろっとしたら、白味噌小匙1.5と牛乳&バター少々とお塩で味を調えるだけです。オニオンフライをトッピング。

.

新玉葱ご馳走様でした。新玉ねぎを食べると数年前こんな時季に、台湾の懇丁を旅した際に食べた新玉ねぎを思い出します。玉葱が名産のようで、日本と同じお醤油かけたシンプルなもの。今年も春浪Rockフェスの季節がやって来た。蘇打緑も出演するのに今年は行けないよーーー。この時季、青峰くん喉を悪くすることが多いのでどうか喉大切にしてね。小心。(PANDAのひとりごと)

.

愛・かごなわたし>>台湾ではかごよく買っては、その旅の戦利品を入れて持ち帰っています。だからカバンタイプのかごが多いのですが。秋に買ったこのかごは珍しくお茶葉入れにしょうか又はお野菜入れにしようかと想像してつれて帰ったかごデス。